スポンサーサイト

2015.06.21 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ボタン選び、ボタン合わせのこだわりについて

    2009.09.24 Thursday

    0
      桃山時代のSWAROVSKI

      オーセンティックなアロハシャツには、
      竹やココナッツ、もしくは白蝶貝など、天然素材から作られたボタンを使うのが一般的です。
      わたし達・CLOUDY MOONの着物アロハシャツのほとんども、こういった天然素材のボタンを使っています。
      しかし、絢爛な留袖や色艶やかな着物に合わせて、SWAROVSKIや陶器のボタンを使うこともあります。
      これはそういった着物の場合、天然素材のボタンだと、どうしても着物の存在感に負けてしまうからです。
       
      もしも安土桃山時代にSWAROVSKIのボタンやビーズがあったら・・・・・?
      きっと大流行し、着物にもたくさん取り入れられたに違いないと、わたし達は考えています。
       
      日本のデザインといえば禅に代表されるシンプルで、ストイックなイメージをまず思い浮かべますが、
      昔の着物を見れば日本人は元々派手好き、大胆なもの好き、しかも大のお洒落好きだったというのがよくわかります。
      わたし・達CLOUDY MOONが目指しているのはまさにそこ、
      侘び寂び中でも「綺麗寂び」と言われる世界です。

      スポンサーサイト

      2015.06.21 Sunday

      0
        コメント
        コメントする