スポンサーサイト

2015.06.21 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    デザインのこだわりについて

    2009.09.24 Thursday

    0
      本物の粋は裏地に宿る

      昔の着物には、今見ても新鮮な驚きを与えてくれる裏地が使われていることがあります。
      その色の組合せの妙。わたし達・CLOUDY MOONでは、こういった裏地に秘められた粋な世界を、
      わたし達が仕立てる着物アロハシャツにも 継承したいと考えました。
      それまでずっと一緒だった裏地と表地。離れることは出来ないはずです。
       
      ・ほとんどのアロハシャツでは、ポケットを下地の柄を合わせています。
       特にその着物や古布の美しい和柄の部分をポケット付近に使うという、
       贅沢な柄取りを行っています。
       
      ・着物に凝る人は裏地に凝る、と言われます。
       裾や袖口からかすかに覗く色気、それを表現するため、
       裾や袖口に紅絹を縫い込んでいます。
       
      ・裾の左右のサイドスリット(開口部)には、古い着物のハギレをあしらい
       アクセントとしています。
       
      ・一部のアロハシャツでは、襟をオープンカラーではなく
       イタリアンカラーに仕立て、襟から胸元へと着物の模様が
       途切れることなく続くようにデザインしています。
       
      ・一部のアロハシャツでは、
       汗によるダメージから貴重な素材を保護するため、
       スポーツウェアに用いられるメッシュの裏地を
       張り込んでいるものもあります。
       
      ・肩から袖にかけてのスポーツウェア風のラインや、
       異なる生地との切り替えしに、
       紅絹をパイピングしてアクセントとしています。

      ・ポケットは必ず柄を合わせています。
       もしも柄合わせするのに充分な生地が無い場合、ポケットを作りません。

      スポンサーサイト

      2015.06.21 Sunday

      0
        コメント
        コメントする